なんだか雲行きの怪しい雑記帖

ぐだぐだ日記とメモと,あと不定期更新

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週アレ(13) LIBLINEARで高速線形SVM

週に一回アレしてアレする記事:十三回目

前回「週アレ(11) C++で始めるLibSVM」ということで,RBFもLINEARもPOLYNOMINALもカーネルに使えるSVMのライブラリとしてLibSVMについての記事でした
そこでサラッとおまけあたりで触れましたが,実はLibSVMはLINEARカーネルを用いるときでもナイーブに内部にサポートベクトルを保持して計算するので,LINEARカーネルなのに計算コストが非常に高いつくりになっています
本来LINEARカーネルであれば識別には
 「識別平面の角度を表すベクトル(入力ベクトルと同次元)」
 +「原点から識別平面までの射影軸上の距離(バイアス値:1次元)」
で事足りますね


そこでLibSVMと同じ作者らがLINEARカーネル(正確には,カーネル無し)用に最適化しているLIBLINEARというライブラリを公開しています
これを使うとLINEARカーネルでも高速に学習・予測が行えるということで,LINEARカーネルに限定できる状況下では積極的に使用すると効率的に時間が使えて幸せですね

LINEARカーネルかあるいはRBFカーネルなど他のカーネルを用いるかどちらがいいのかは議論すべきところですが,研究においては精度的な意味でRBFカーネルを使うのが通常ですし,処理速度を気にしなければならない問題にぶつかったときにLINEARカーネル使うという流れになるので,考えるより先に使ってみるという話が一番現実で多いかもしれません


ということで今回はLIBLINEARの話,LibSVMに比べてマイナーな話題
続きを読む
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。